2015年7月7日火曜日

SL中日本シリーズ Round5 YAMAHA SSクラス



 例年に加えて激しいYAMAHA SSクラス。タイムトライアルでトップタイムをマークしたのは岩田啓佑(ハラダカートクラブ/FA-KART)。2位はランキングトップの高田唯希(トレンタクワトロ鈴鹿/ART GP)。3位は上村和也(ハラダカートクラブ/TONYKART)、4位は岡山直樹(NEXT-ONE/TONYKART)。予選ヒートは岩田がホールショットから逃げの体制に入る。高田が2位、3位は上村。4位には小田宗孝(ハラダカートクラブ/TONYKART)が浮上し、岡山はドロップしてしまう。岩田がこのまま逃げ切るかと思われたが、中盤からは高田のペースが素晴らしく、6周目に岩田をパス。トップに浮上するとそのまま岩田を引き離しトップチェッカー。2位は岩田。3位上村、4位小田、5位は清川善文(ハラダカートクラブ/FA-KART)。

 第9戦決勝ヒート。高田がホールショットを決めてトップをキープ。2位は岩田であったが、高田のペースについていけない。3位、4位はそれぞれ上村、小田のベテランがキープ。その後方では清川、岡山、辻元拓馬(ハラダカートクラブ/FA-KART)がポジションを争う。序盤、後方集団でアクシデントが発生。ここで復帰を試みるカートと高田がまさかの交錯。高田はコースアウトを喫しそのままリタイヤとなってしまった。変わってトップに浮上したのは岩田。後方は大きなマージンがある。2位は上村が抜け出し、小田が3位をキープするが、岡山、辻元、清川が攻め立てる。12周目、一瞬の隙を突かれた小田は、岡山と接触。岡山は復帰できたが小田はリタイヤ。辻元がこの感激を縫って3位に浮上。復帰した岡山は6位。レースはこのままフィニッシュを迎え、岩田が今シーズン3勝目。2位は上村。3位辻元。4位清川、5位臼井卓士(トレンタクワトロ鈴鹿/KOSMIC)となった。

 第10戦決勝ヒート。このレースもホールショットは高田。そして岩田が追走。3位は上村。高田は序盤、岩田を引き離すが、中盤からは岩田が高田に迫っていく。3位争いは上村、清川、辻元の3名だが、なかなかポジション変動には至らない。その後方では吉田彰都(ハラダカートクラブ/FA-KART)以下が大きな集団を形成する。トップ争いはいよいよテールトゥノーズ。12周目岩田が高田をパスしトップに浮上。しかし、高田は13周目、すぐさま抜き返しトップに返り咲く。その後、高田は岩田に隙を見せずトップチェッカー。第9戦で落とした悔しさを晴らした。岩田は2位でわずかながらチャンピオンへの可能性を残した。3位は上村。4位清川、5位辻元。6位は吉田が後方からの追撃を防ぎきりフィニッシュした。


SL中日本シリーズ Round5 SSチャレンジカップクラス


 SSチャレンジカップクラスには10名のドライバーが参戦。チャンピオン争いも後半戦に入っていく。タイムトライアルでトップタイムをマークしたのは鈴木七瀬(トレンタクワトロ鈴鹿/GILLARD)。2位はランキングトップの黒谷颯(NEXT-ONE/INTREPID)。予選から鈴木と黒谷はマッチレースを展開。チャンピオン争いとともに激しいバトルになる。この予選ヒートは鈴木が制し決勝のPPを獲得。黒谷は2位。3位は澤口宙征(ハラダカートクラブ/FA-KART)。4位は岡部雅(NEXT-ONE/MARANELLO)。

 第9戦決勝ヒート。オープニングラップは黒谷がトップで帰ってくる。2番手には鈴木が追走。3位は岡部が浮上し、4位は澤口。トップ争いは微妙な間隔を保ちながら黒谷がキープする。鈴木はもう少しオーバーテイクには届かない。その後方3位争いは澤口が岡部に追いつき、10周目に澤口がオーバーテイク。岡部はその後5位までドロップしてしまう。黒谷は難しいコンディションを安定した走りでトップチェッカー。2位は鈴木。3位は澤口。4位は藤田雅也(NEXT-ONE/TONYKART)が追い上げた。

 第10戦決勝ヒート。鈴木はこのレースでホールショットを決めトップをキープ。2位は黒谷は追走し、その直後に澤口が虎視眈々と狙う。ポジション変動はないものの、緊張感あるレースを展開。中盤、澤口がオレンジボールを振られ緊急ピットイン。カートを修復してすぐさまコースに復帰する。これでトップ争いは鈴木と黒谷の2名となった。3位は藤田が浮上し、その後方からハイペースで笠井雅進(ハラダカートクラブ/FA-KART)が追い上げる。鈴木は黒谷にオーバーテイクの隙を見せずトップチェッカー。なんとかランキング争いに踏みとどまった。黒谷は着実に2位。注目の3位争いは、ファイナルラップの最終コーナーで笠井が仕掛けるが、藤田はこれを防ぎきり3位を守った。笠井は4位フィニッシュ。5位は里中祐基(ハラダカートクラブ/FA-KART)となった。


SL中日本シリーズ Round5 YAMAHA TIAジュニアクラス


 5名のドライバーがエントリーしたYAMAHA TIAジュニアクラス。タイムトライアルでトップタイムをマークしたのは静谷龍亮(ハラダカートクラブ)。2位は加藤彰貴(ハラダカートクラブ)がつける。予選ヒートは静谷が危なげなくトップをキープ。加藤が2位で追走し、3位は松岡太志郎(TEAM CYOPIT)、龍野央樹(ハラダカートクラブ)が争う。予選での順位変動はなく、静谷、加藤、松岡の順でフィニッシュ。

 第9戦の決勝ヒート。スタートで加藤がトップを奪う。静谷は2位、3位は松岡。トップ争いは接近戦。2周目、早くも静谷が加藤をパスしトップを奪取。静谷はハイペースで加藤を引き離す。加藤も静谷には離されるものの、3位以下には十分なマージンを築く。3位争いは龍野が松岡を攻略。レースはそのまま進行し、静谷が3戦ぶりの優勝。加藤が2位、3位は龍野となった。

 第10戦の決勝ヒート。今度は静谷がホールショット。2位は加藤。3位に龍野が浮上し、松岡は4位にドロップ。5位からは細川舞人(NEXT-ONE)が追走。静谷は持ち前のスピードを生かしぐんぐんペースアップ。2位との差を大きなものとする。加藤は2位をキープ。3位は龍野が走行していたが、8周目にスピンを喫す。その間に、4位争いをしていた松岡と細川に先行される。レース後半、松岡がまさかのコースアウトでドロップ。細川が3位に浮上する。静谷は危なげなくトップチェッカー。2位は加藤、3位は細川、4位龍野、5位は松岡となった。


2015年5月19日火曜日

鈴鹿選手権シリーズ 第3戦 エントリーリスト



鈴鹿選手権・第3戦は5月22-24日の日程で開催される。
ハラダカートクラブからは17名のドライバーが出場する。

J-RMCクラス
岩田啓佑(FA-KART)

Parilla X30クラス
稲寄速人(FA-KART)

カデットオープンクラス
伊藤琢磨(FA-KART)

SFCクラス
岡本孝之(CRG)
藤松楽久(FA-KART)
高瀬啓太(TONYKART)

YAMAHA SSクラス
広瀬光結(FA-KART)
大橋優樹(FA-KART)
真弓陽(FA-KART)
静谷優佑(FA-KART)

PRD Avantiクラス
浅野秀彦(FA-KART)
山本大輔(FA-KART)
辻野弘之(FA-KART)
笠井雅進(FA-KART)
葛西佑紀(CRG)
小田宗孝(TONYKART)
澤口宙征(TONYKART)

エントリーリスト
http://www.eikoms.com/Info/2015/2015SuzukaRd3_Entry.pdf

全日本選手権 西地域 第2戦 中山カートウェイ


全日本選手権の西地域の第2戦は、岡山県・中山カートウェイにて5月16-17日の日程で開催された。FA-KART RT+HKCからは2名のドライバーが参戦。FP-Jr.カデットには伊藤琢磨(FA-KART/YAMAHA/DL)、FP-ジュニアクラスには静谷優佑(FA-KART/YAMAHA/YH)。

FP-Jr.カデットクラス
16名のドライバーが参戦したFP-Jr.カデットクラス。伊藤はレース日に今週初めてフレッシュタイヤを投入。公式練習を経て行われた公式予選でトップタイムをマーク。予選ヒートのPPを獲得した。続く予選ヒートでは序盤トップを快走するも、中盤には2位にドロップする。3位の選手に追い上げられ苦しい展開となったが、なんとか2位を守りフィニッシュ。決勝は2番手からのスタートとなる。
決勝ヒートは25周の長丁場。ここ中山はイン側スタートが有利で、スタートで伊藤は3番手にドロップ。さらにキャブレターの調整がうまくいかず、序盤でポジションを失い6番手まで順位を下げることとなってしまった。しかし、中盤前からペースが上がっていき、今度はどんどんポジションを回復していく。終盤、ついにスタートポジションと同じ2位までポジションを上げる。だが、トップの選手ははるか前方で独走しており、伊藤の快進撃もここまで。見事開幕戦に続く2位を獲得。公式予選でPPを獲得しながらの2位は少し悔しい部分もあるが、長いシーズンと序盤の苦しかったペースを考えれば上出来の2位であった。


FP-ジュニアクラス
22台がエントリーしたFP-ジュニアクラス。短いコースでの開催とあって、各ドライバーのタイム差は僅差で、コンマ1秒で大きく順位が変わるレースとなった。公式練習後の公式予選。2グループに分かれて行われた。最初のグループに入った静谷は今週の自己ベストをマークしグループ8位くらいに入る。トップとはコンマ2秒ほどだ。続く後半のグループが終わった後の総合順位は12位。全日本参戦2戦目で中盤のグリッドを手に入れた。予選ヒートはアウト側スタートなので、厳しい展開が懸念されたが、積極的にいった静谷は10位でオープニングラップを終える。しかし、2周目、最終セクションで激しいポジション争いの最中アクシデントが発生。最終コーナーアウト側に振られた静谷ははじき出され、ホームストレートの外側にあったタイヤバリアに激しくクラッシュ。他でもアクシデントが発生しており、レースは赤旗中断となる。現状からすぐにレースが再開されることが難しくなり、1時間後に再スタートすることとなった。再レースの予選ヒート。先ほどと同じく静谷はオープニングラップを10位でクリア。さらに前を目指しペースアップを図る。2周目2コーナー、前方の選手が、前の選手にオーバーテイクを仕掛ける。しかし、そのドライバーがスピンし、直後にいた静谷が巻き込まれる。シャーシを損傷しリタイヤ。レースペースに自信があっただけに悔しい。
決勝ヒートは18番手グリッド。タイヤの磨耗は他のドライバーよりも少なく、レースペースが好調なので、30周の中でどれだけ順位を上げられるか注目された。スタートは展開が非常に悪く、オープニングラップは最下位。しかし、すぐに2台をパスしさらにその前のグループに急速に接近していた。が、4コーナーでまさかのコースアウト。当たり所が悪く、シャーシを破損しリタイヤ。静谷は今回で大きく成長し、公式予選などのペースを考えれば十分上位でフィニッシュすることが可能であった。


次回の全日本選手権西地域の第3戦は、岐阜県・フェスティカ瑞浪にて、KFクラスとともに開催される。

FP-Jr.カデット リザルト
http://www.kart.jp/wp-content/uploads/result_20150517_cadets.pdf

FP-ジュニア リザルト
http://www.kart.jp/wp-content/uploads/result_20150517_jr.pdf

2015年5月14日木曜日

全日本選手権(西)第2戦・中山大会


全日本選手権(西)第2戦は、岡山県・中山カートウェイにて5月16-17日に開催される。
FA-KART RT+HKCからは、FP-Jr.Cadetクラスに伊藤琢磨(FA-KART/YAMAHA/DL)。FP-Juniorクラスには静谷優佑(FA-KART/YAMAHA/YH)の2名が参戦する。

伊藤は開幕戦で2位に入っており、今シーズンとしてはまずまずのスタートを切った。静谷は初参戦ということもあり、全日本の洗礼を受け上位フィニッシュとはならなかった。伊藤はシーズンを見据えて2年ぶりの優勝を狙う。静谷はポイント圏内でフィニッシュを目指しながら、更なる上位で走れるよう練習を重ねた。

今週末の天候は金曜日・土曜日が雨予報で、日曜日のみ晴れマークがついている。なれないコースでは不利な戦いが強いられそうだが、それを跳ね返すことを期待する。

2015年4月22日水曜日


2015年4月24-26日、宮城県・スポーツランドSUGO西コースにてCIK-FIA アジアパシフィック選手権Round1は開催される。

2年ぶりの開催となるアジアパシフィック選手権は初めて東北の地SUGOで行われることになり、この記念すべきレースのKFクラスには、全日本選手権から多くのドライバーがエントリー。日本唯一の国際レースを制すのは誰か注目が集まる。

FA-KART RACING TEAMからは全日本選手権KFクラス参戦の西村拓真(FA-KART/TM/BS)と、今年は鈴鹿選手権Parilla X30クラスに主戦場を移した稲寄速人(FA-KART/VORTEX/BS)が参戦する。西村にとってSUGOは地元であり、このレースにかける意気込みは並ではない。また、稲寄にとっても2年ぶりのKFレース。

4月11-12日に当地で行ったプライベートテストにおいては、かなり好調を見せており、あとはレースウィークにどれだけセットアップを決められるかが勝負となる。ライバルも強力であり、各メーカーのワークスドライバーが参戦しているので、一筋縄ではいかないであろうが、うまく進めていければ必ず好成績を残せるであろう。

CIK-FIA AsiaPacific Championship ENTRY LIST
http://www.sportsland-sugo.co.jp/event-data/20150426_cik-fia/notice_03-1.pdf